町政情報

計画・構想

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金実施事業について

★新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金とは

 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援するため、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかな事業を実施することで地域の地方創生を図ることを目的としています。
 本町においては、この地方創生臨時交付金を活用して、感染症拡大の防止、町民生活支援、事業者支援、地域経済対策等の取り組みを行っています。

★令和2年度新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用状況及び効果検証

令和2年度は、臨時交付金220,315千円を活用し、新型コロナウイルス感染予防対策をはじめ、新型コロナの影響を受けている地域経済や住民生活を支援するため事業(総額344,974千円)を行いました。そのうち無線システム普及支援事業(高度無線環境整備事業)による光回線未提供区域への光ファイバ整備については、令和4年3月までに完了する見込みであることから、令和3年度に繰越して事業を実施しています。

★令和3年度新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金における特定の事業者等に対する支援措置について

秩父別町では、新型コロナウィルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、次のとおり特定の事業者に対する支援措置を行うので公表します。

(特定事業者)
 株式会社秩父別振興公社

お問合せ
企画課企画グループ
電話番号 0164-33-2111(代表)

このページの先頭へ

  • めーめーらんど
  • 秩父別振興公社
  • 秩父別町地域おこし協力隊