町政情報

計画・構想

公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画

公的資金補償金免除繰上償還について
 
公的資金(資金運用部資金(財政融資資金)・簡保及び郵貯資金・公営企業金融公庫資金)については、これまで補償金を支払うことで繰上償還が認められていました。
平成19年度より別途定める財政健全化計画等を定め、その内容が行財政改革に相当程度資すると認められた場合に、利率5パーセント以上の公的資金の繰上償還に係る補償金が免除されることになりました。
秩父別町では、平成20年度にこの制度を活用して、金利の低い資金に借換えるなどにより繰上償還を行い、将来負担の軽減を図ります。

○繰上償還の額と利子負担の軽減見込み

対象となる会計 償還予定額 償還前の利子 借換後の利子 利子軽減(見込)
農業集落排水事業(下水) 3,561万円 1,584万円 535万円 1,049万円
簡易水道事業(上水) 2,063万円 888万円 会計資金により
償還のため0円
888万円
5,624万円 2,472万円 535万円 1,937万円
※借換後の利子は、利率2.2パーセントとしたときの予定額です。

○財政健全化計画

農業集落排水事業特別会計及び簡易水道事業会計の公営企業経営健全化計画は、平成20年11月28日付けで 総務大臣と財務大臣の承認を受けています。

このページの先頭へ

  • めーめーらんど
  • 緑のナポリタン
  • 秩父別振興公社