くらし・手続き

防災情報

地震時の対応について

防災・交通安全 - 防災

地震時の対応について

地震が起きたらどうすべきか?地震はいつ起こるか分かりません。いつどこで発生しても冷静に行動できるよう、次の点に注意しましょう。

地震が起きた際の対策

  • 家具の転倒や落下物から身を守るために、揺れがおさまるまでテーブルの下などに隠れましょう。
  • ガスコンロやストーブなど火を使っている場合は火災を避けるため、確実に火を消しましょう。
  • 地震によってドアや窓が動かなくなることがあります。地震を感じたらドアや窓を開けておきます。
  • 万が一火災が起きたら、近所にも家事とわかるように大きな声で叫び、初期のうちに消火しましょう。天井に火が燃え移っていなければ初期消火が可能です。
  • 家から出る場合は落下物やガラスなどの破片に注意し、お店の中などにいるときは係員の指示に従いましょう。
  • 狭い路地や塀ぎわ、がけや川べりには近づかないようにしましょう。
  • 持っていく荷物は最小限にし、車を使わず、歩いて避難しましょう。
  • 乳幼児や病人、障がい者の人たちの安全を優先にみんなで助け合いましょう。
担当
総務課総務グループ(防災担当)

このページの先頭へ

  • めーめーらんど
  • 緑のナポリタン
  • 秩父別振興公社