秩父別町ホームページ

  • ちっぷべつ町
  • ちっぷべつ町
  • ちっぷべつ町
  • ちっぷべつ町
トップページ イベント情報
観光情報 - イベント情報
今週のバラ園(10月9日更新)
 平成30年10月7日(日)をもちまして、今年度の営業を終了しました。
 期間中、大変多くの方にご来場いただきまして、ありがとうございました。スタッフ一同、心より感謝申し上げます。
 来年度は、6月下旬にオープンを予定しております。


◎ローズガーデン・ちっぷべつについては、こちらからご覧ください。
平成30年10月4日(木)
 今年度の開園は、10月7日(日)までです。今年最後の3番花が咲いてきていますので、是非、香り高いまた発色の強い「秋バラ」をご鑑賞ください。

【ローズガーデンスタッフより】
 現在、数多くの3番花が咲き誇っており、再び色とりどりの花が広がってきています。
 10月7日(日曜日)のマラソン大会の日にはピークが近づいていると思いますので、ぜひ見に来ていただけるとありがたいです。
今年も多くのお客様にご来園いただき誠にありがとうございました。

◎今週の見頃のバラは「メモアー」です。
 作出年1994年作出国がドイツのバラで、クリーム白色のような花びらをつけるバラです。中香性でいい香りがします。
系統がHT(ハイブリッドティーローズ)で大輪系ですので1輪が大きく見ごたえがあるバラです。
平成30年9月27日(木)

【ローズガーデンスタッフより】
 現在、早咲き性のバラが3番花を綺麗に開花しており、修景バラも見事に咲いてきています。バラの病害虫も少なく順調にきていると思います。
 引き続き、マラソン大会に向けての花がら切りやバラの畑除草を行いきれいなバラを見せればと思います。
 皆様のご来園お待ちしております。

◎今週の見頃のバラは「オレンジメイアンディナ」です。
 オレンジという名前が入っていますが朱色の花びらをつけるバラです。系統がmin(ミニチュアローズ)でミニバラの定番とされています。
 ちなみに、同名でつる性のオレンジメイアンディナもあります。

◎来週見頃になるバラは「プリンセスチチブ」です。
 秩父宮勢津子妃に捧げられたバラということでプリンセスチチブという名前になったとされるバラです。系統がFL(フロリバンダ)の中輪系ばらで淡いオレンジ色からピンク色になるバラです。
平成30年9月10日(月)
 9月6日発生の地震の影響により閉園していましたが、現在は通電・通水ともに復旧し、開園しております。園内の流路については、節電のため流水を中止しておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

【ローズガーデンスタッフより】
 現在、3番花の蕾が少しずつ増えてきている状態です。
 これから香りの強くなる秋バラの時期を迎えるにあたり、香りを感じやすいように高めに枝を整えて行きます。是非、秋バラの香りを楽しんでください。

◎今週の見頃のバラは「ジョンウォーターラー」です。
 明るめの赤色で、棘は多いものの強健種で育てやすいバラです。
 系統がHT(ハイブリッドティーローズ)の大輪系で樹形が直立性です。

◎来週見頃になるバラは「シャーロット」です。
 シャーロットはレモンイエローの色をした花びらをつけるバラで可愛らしいカップ咲きが特徴です。フルーティーな香りがする強香性でありながらも耐病性で育てやすいバラです。
平成30年8月30日(木)

【ローズガーデンスタッフより】
 先週と同じですが、3番花の蕾が少しずつ増えてきていています。
 9月2日には秋のバラ栽培講習会がありますので、ご来園頂けると嬉しいです。

◎今週の見頃のバラは「ラブ」です。
 はっきりとした赤色と白色のコントラストが美しいバラです。
 香りは微香性で、耐寒性に優れており寒冷地では育てやすいバラです。

◎来週見頃になるバラは、「桜貝」です。
 桜貝という名前の通り、淡いピンク色が特徴的で、通常に比べてトゲが少ないバラです。
 系統がFL(フロリバンダ)の中輪系で花付きが良く、育てやすいバラです。
平成30年8月23日(木)

【ローズガーデンスタッフより】
 現在は、2番花に混じって、新たな3番花の芽が出てきた状態です。
 雨や風が強い日など様々な天候の中でバラは咲き誇っています。
 引き続き、3番花を咲かせるためバラの手入れを行っていきます。お客様のご来園お待ちしております。

◎今週の見頃のバラは「聖火」です。
 1964年の東京オリンピックにちなんだバラとされています。
 白色に赤色の覆輪は聖火台を思い出させる品種で、病気に強くで初心者でも育てやすいバラです。

◎来週見頃になるバラは、「ピース」です。
 黄色に桃色が混ざったような複色系のバラで第二次世界大戦後の平和を込めて作られたとされるバラです。十分な日照があることにより覆輪のピンク色が出るのが特徴です。
 黒点病などにも強いので初心者向けです。
平成30年8月15日(水)

【ローズガーデンスタッフより】
 現在、2番花のピークを終えてきましたが、まだ残りの花が咲き誇っていますのでまだまだバラを楽しめる状態です。
 今年は例年より少し早いピークでしたので、3番花も天候や気温次第ではありますが8月末から9月中旬あたりが3番花のピークを迎える予想です。
 雨がまた少し続きそうですので、灰色かび病や黒点病に気をつけて行こうと思います。

◎今週の見頃のバラは「アプリコット ネクター」です。
 淡い杏色をした花を咲かせるバラでフルーティーな香りを放つ強香性のバラです。
 花もちが良く、丈夫な強健種なので初心者の方でも育てやすいバラです。

◎来週見頃になるバラは、「コンチェルティーノ」です。
 丸弁平咲きの朱赤色をした花を咲かせるバラで、花言葉は情熱・愛情・美貌と言った花言葉があるバラです。微香性ではありますが美しいバラです。
平成30年8月8日(水)

【ローズガーデンスタッフより】
 3番花の芽が少しずつ伸びてきている状態で、早咲き性のバラは蕾が顔を出してきている状態です。
 これから、暑さが落ち着いて行くと思いますが水不足などに気をつけながら、除草・花柄切りなどを行いきれいなバラを見せられるよう作業を行っていきます。

◎今週の見頃のバラは「ラ・セビリアーナ」です。
 フランス作出のバラで鮮やかな朱赤色をした花びらが特徴。
 丈夫なバラで枝を多く残すように剪定をかけることで多くの花をつけることができるバラです。

◎来週見頃になるバラは、「マリアカラス」です。
 フランス作出の系統がHT(ハイブリッドティーローズ)の大輪系のバラです
 ローズピンク色の花びらと香りの強いバラであるところが特徴なバラで耐寒性と耐暑性を兼ね備えた丈夫で育てやすいバラです。
平成30年8月1日(水)

【ローズガーデンスタッフより】
 連日の暑さと日照量により、2番花が満開に咲き誇り例年より早めにピークを迎えています。
 8月上旬から中旬にかけて2番花の満開の花が楽しめると思います。
 花柄切りとともに、連日の猛暑の中で咲いてくれたバラに肥料(お礼肥)をあげてバラの体力回復をさせ、3番花を咲かせていく予定です。

◎今週の見頃のバラは「アイスバーグ」です。
 ドイツ作のバラで、鮮やかな白色の花を咲かせます。また、トゲが少なく耐病性があるため初心者向きです。
 「アイスバーグ」は氷山を意味し、別名である「シュネービッチェン」は「白雪姫」を意味しています。

◎来週見頃になるバラは、「ミュージック」です。
 日本作のバラで系統がFL(フロリバンダ)の中輪系。
 色がきれいなローズピンク色、多花性で花付きが良くそして、花もちが良いバラです。
平成30年7月26日(木)

【ローズガーデンスタッフより】
 現在、2番花の芽がたくさん付いてきており、早咲き性のバラについては蕾が出てきている状態です。天候にもよりますが、順調に行けば8月のお盆頃には2番花のピークを迎えるのではないかと思っています。
 畑の管理につきましても、除草や花がら切りの作業を行っていき、お客様にきれいなバラをご覧いただけるよう努めて行きます。
気温もだいぶ高くなっていきていますので、バラの水不足などにも注意していこうと思っています。

◎今週の見頃のバラは「ラブリー フェアリー」です。
 オランダ産の修景バラで赤色に近いピンク色の花を咲かせる特徴なバラです。
 香りは微香性ですが、花もちが良く、強健種で耐寒性もあるので初心者の方にお勧めなバラです。
「ザ・フェアリー」の枝変わりシリーズの品種です。

◎来週見頃になるバラは、「ジャルダン ドゥ フランス」です。
 系統がFL(フロリバンダ)の中輪バラで美しいピンク色の花を咲かせる品種であり、芳香が中香性、多花性で一度に約8輪以上の花をつける特徴があります。
1998年、フランス・バガテル国際コンクール・ベルギー・コルトレイク国際コンクール共に2つの国際コンクールで金賞を受賞されたバラです。
平成30年7月18日(水)

【ローズガーデンスタッフより】
 現在、修景バラが特に好調で満開に咲き誇っている状態です。ほかのバラも新芽が順調に伸び始めていて、2番花の芽が伸び始めている状態でもありますので、2番花を咲かせるための花柄切りと畑の手入れの除草をメインに作業を行っています。
 そして、今週からついに「トイ!トイ!トイ!」・「ディズニーランドローズ」・「ハニーキャラメル」などの新品種のバラの植栽を行い、8月からさらに見ごたえのあるバラ園にしていく予定です。※場合により品種の変更がある可能性があります。
 スタッフ一同お客様のご来園お待ちしております。

◎今週の見頃のバラは「アスピリンローズ」です。
 淡いピンク色の修景バラで半剣弁の平咲きです。
 抗生物質のアスピリン(鎮痛剤等に含まれています。)をイメージされて作られたバラとされています。
 強健種のバラですので初心者の方でも育てやすいバラです。

◎来週見頃になるバラは、「ロイヤルボニカ」です。
 作出国がフランスで、微香性でありながらも枝にたくさんの濃いピンク色の花を咲かせるバラです。
 修景バラで、樹高はそんなに高くはないですが、樹形が横張り性ですので咲く範囲が広く、たくさんの花を楽しめるのが特徴です。
平成30年7月12日(木)

【ローズガーデンスタッフより】
 久しぶりの晴れ間が訪れ、新たな芽が伸びてきている状態です。
連日の雨で花や蕾が痛んだりなど大変でしたが、花柄切りや防除など手入れを行ってきたため、残りの1番花の蕾の開花が進み、花もきれいに咲き誇っています。

◎今週の見頃のバラは「ラベンダードリーム」です。
 四季咲き性ので、ラベンダー色の小輪で可愛らしい花が枝いっぱいに咲き誇るのが特徴です。耐寒性や寒さにも強いバラです。

◎来週見頃になるバラは、「アリンカ」です。
 HT(ハイブリッドティーローズ)で大輪形です。
 花弁が鮮やかな赤色で弁底が黄色という複色系のバラで、弁質が良いので雨による痛みが少なく花もちがいい良く、初心者向けのバラです。
平成30年7月5日(木)

【ローズガーデンスタッフより】
 現在、先週から雨天が続きながらも開花が進んでいる状態です。
 こまめに花柄切りや畑の除草に取り組んできれいな花や畑を維持している状況です。
 今週末あたりで1番花の見頃が来るのではないかと思います。

◎今週の見頃のバラは「リオサンバ」です。
 ハイブリッドティーローズ(大輪系)のバラで、咲き始めが黄色っぽく咲いてくるとオレンジ色・朱色になる複色系のバラです。香りは微香ですが花言葉が「愛」「美」「幸福」など見ているだけで幸せになりそうなバラです。

◎来週見頃になるバラは、「ラヴィアンローズ」です。
 フロリバンダ(中輪系)のバラで、花の中心が白っぽく、周りはローズピンク色で寒冷地でも育てやすく、初心者の方でも育てやすいのが特徴です。
平成30年6月28日(木)

【ローズガーデンスタッフより】
 雨模様が続いていますが、元気よく蕾が開いてきたバラ・すでに咲いているバラなど様々な形で順調に開花を向かえて来ています。(雫がついているバラも見応えがあると思います。)

 バラは雨が降ると黒点病・うどんこ病・灰色かび病などの病気になりやすいので気をつけて行こうと思います。

◎今週の見頃のバラは「絵日傘」です。
 フロリバンダ(中輪系)の品種で四季咲き性です。咲き始めは黄色で、先進むにつれ朱赤色になり、さらに赤みを増していく複色系の品種です。気温や日照量などにより色の変化具合が変わる特性があるので一つで何度も楽しめる品種です。

◎来週見頃になるバラは、「ザ・ダークレディ」です。
 1991年にイギリスで生まれた四季咲き性のバラで、大輪系で香りが強く、深いローズピンク色の花を咲かせる特徴を持っています。耐寒性にも優れているのも特徴です。
平成30年6月21日(木)

【ローズガーデンスタッフより】
 6月23日のオープンを控え、現在の状況は、早咲き性のバラは既に開花し始めていますが、その他の花はまだ蕾の状態で、開園に向けて着々と開花の準備が進んでいる状態です。
 今年も昨年に引き続き、新品種のバラを導入しています。まだ、芽が出ていない苗もありますので、今後追加で植えて行きますので、楽しみにしていてください。

 今年も多くのお客様に見てもらえるよう、バラの手入れ・畑の手入れなどに頑張って取り組んでいきたいと思っています。
 スタッフ一同お客様のご来園お待ちしております。

◎今週の見頃のバラは「オールドイエロースコッチ」です。
 柔らかい黄色で覆うように咲き乱れる、1年に1度しか咲かないバラです。

◎来週見頃になるバラは、「つるチャールストン」です。
 つる性のバラで、咲き始めは黄色く、段々と赤みが増していく複色系のバラです。
 
秩父別町役場インフォメーション
ページ上部へ